この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SLAYER / WORLD PAINTED BLOOD (2009)
2009/11/04/ (水) | edit |
World Painted BloodWorld Painted Blood
(2009/11/03)
Slayer
オリジナル盤: 2009
商品詳細を見る


いや?参った!!
MEGADETH『ENDGAME』が9月にリリースされた時に、
今年(2009年)のNo.1アルバムはこれで決まりって言ったような気がします。
しかし、SLAYERが、これほど素晴らしいアルバムを作るとは…。

正直、前作『『CHRIST ILLUSION』は、"流石"とは思いましたが、
"これぞ名盤"とは思いませんでした。
今更、歴史的名盤『REIGN IN BLOOD』(1986年)を求めても仕方ないけど、
遜色のない出来映えではないでしょうか。

今回は、Greg FidelmanとRick Rubinのプロデュースって事で、
音的には、すごく"生"な感じでいいですね?。
そうそう、METALLICAの新作『DEATH MAGNETIC』に近い感じ。
(プロデューサー一緒って事で?)。

基本的には、"SLAYER is SLAYER"ですが、
曲構成・リフ展開などは、ビルボード最高5位を記録した前作
(バンドの最高位らしいですね。意外といったら意外。)
よりも、素晴らしいと思います。
オープニングを飾るタイトル曲"World Painted Blood"は、特に最高。
スピード、リフ構成ともにSLAYERの中でも名曲と位置づけるに相応しい。
この曲は、何度も何度も繰り返し聴きました。

てか、輸入盤は昨日リリースってことで
昨日届いたばかりなんだけどね。
これから、長いお付き合いとなりそうです。

関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。