この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TANK / WAR MACHINE (2010)
2010/11/13/ (土) | edit |
戦車 + 虹の声 = "嬉しい誤算"

"オトコの背中的哀愁"と言われる(私しか言っていませんが)Algy Ward(Vocals/Bass)が脱退し、新たに加入したのはRAINBOWYNGWIE MALMSTEENなどで活躍していた(最近では南米のRAINBOWと言われるRATA BLANCAでも歌っている)Doogie Whiteが加入したことの"衝撃"は私にとって凄いものでした。このアルバムを聴くまでは…

War Machine
War Machine
posted with amazlet at 10.11.13
Tank
Massacre Poland (2010-11-02)
売り上げランキング: 113258

2002年に15年ぶりにリリースした6thアルバム『STILL AT WAR』(これがAlgy Ward参加の最後のアルバムとなってしまうわけですが…)、正直私はあまりピンと来なかった。"漢(オトコ)の哀愁度"が足りなかったと思うんです。あのヘヴィで骨太ロックは健在でしたが、『HONOUR & BLOOD』(1982年)の頃のような"NWOBHM"全盛期の"哀愁"が足りなかったような気がします。(いや、泣きのギター・ソロは絶品ですけどね。)そう言った中で、Algy Wardが抜けDoogie Whiteが加入したことで、いったいこのバンドはどこに向かおうとしているのか?非常に興味深い話です。だって、様式美シンガーDoogie Whiteが歌うTANKって全く想像出来ないんですもの。そしてようやく8年ぶりの新作『WAR MACHINE』がリリースされました。(早いうちから予約してました。聴きたくて、聴きたくて。)イギリスの某専門誌のサンプラーCDで"Judgement Day"を先に聴いていましたが、もうこの1曲だけで酔いしれてしまっていたので、もう待ちきれなくて待ちきれなくて。そしてCDをスタートさせ"Judgement Day"が始まる。う?ん"NWOBHM"のかほり、こういうのを待っていた。Doogie WhiteがTANKを逞しく歌っている。そして、往年の"NWOBHM"を彷彿させるサウンドに戻っているではないですか。ツインGuによるイントロがたまんない。前作の数十倍いい(大袈裟か?)。"Phoenix Rising"もそう、ツインGuには失禁するしこの"哀愁"は何?ミドル・テンポの"War Machine"や"After All"の哀愁度の高さ。そして、ラストを飾る"My Insanity"の曲展開、涙が溢れてきます。煮え切らなかった前作から思うと、凄く吹っ切れた気分に浸っています。


TANK - Judgement Day (War Machine)

TANKと言うバンドに、様式美シンガーDoogie Whiteがこれほどマッチするとは思わなかった。"嬉しい誤算"ですね。Doogie Whiteが加入したことで、ある意味Algy Wardとは違った"哀愁"を表現することに成功したんだと思います。伝統的な"ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル"とはこうであって欲しいと思う気持ちと、新しいTANKの音楽性がマッチした素晴らしい"名盤"だと思います。何か、嬉しくてたまりません。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



関連記事
thema:HR/HM
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。