この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BAD CITY / WELCOME TO THE WASTELAND (2010)
2010/11/20/ (土) | edit |
フライデー・ナイトだかサタデー・ナイトだか、どにかくパーティー!!

と書いてしまうと、在り来たりのパーティー・ロックと勘違いされるかも知れないですが、このバンドは違いますね。確かに"アリーナ・ロック"の類ですが、あの80年代当時の人気バンド達と同じくらいのクオリティがありますし、楽曲が素晴らしい。

Welcome to the Wasteland
Welcome to the Wasteland
posted with amazlet at 10.11.20
Bad City
Atlantic / Wea (2010-08-30)
売り上げランキング: 2733

アメリカはシカゴ出身のハード・ロック・バンドの1stフルレンスが本作。↑しかし地味?なアルバムジャケット。アルバム・ジャケットとは対照的に派手なロックン・ロール・アルバム。最近になって、80年代風のアリーナ・ロックをやるバンドが増えていますが(北欧には前からこういうバンドが幾つかあったか…)、他のどのバンドよりも輝いているような、何か違うものを持ってるような…。大体、在り来たりのメロディや演出には飽き飽き来てましたからね。いつもだと、最近のこういう類のバンドはCDを買ってもほとんどの場合すぐにラック行きとなってしまうわけですが、このアルバムだけは、ずっとヘッドフォンから流れっぱたしですがな。アリーナ・ロックと言えば、フックのあるリズムとポップなメロディ、コレにつきます。彼らの場合もそう、すぐに覚えられるポップなメロディは素敵です。そして何と言っても、流麗なギター・ソロは絶品ですね。←やっぱり、ロックはコレがないとね。こいつは捨て曲なし、どの曲もダイアモンドの輝きを放っています。オープニングを飾る"Showdown In Central Park"、このタイトルからしてアリーナ・ロック。イントロからMOTLEY CRUE『GIRLS, GIRLS, GIRLS』を彷彿させています。ミディアム・テンポの曲ですが、キャッチーなメロディと流麗で泣きのギター・ソロがGood!!。続くハードでキャッチーなロック・チューン"Take Me For A Ride"、これはシングル・カットされてるのかな?って言うかシングル・カットされそうな曲。コーラス部で合唱したくなります。これまた、ギターが良い味出しています。う?ん素敵。いきなり"QUEENかよ"ってツッコミたくなるようなコーラスで始まる"Do You Believe In Rock N Roll"。この曲の、ポップさと流麗さをうまく融合させたアレンジが、他の同様のバンドとの違いを現しています。続く"GUNS N'ROSESが始まるんか?"と思ってしまったイントロで始まる"Wildlife"。こういう曲好きですね?"俺らはただキャッチーな曲だけやってるだけじゃないぞ"と、"こういうブルージーで大人なハード・ロックだってお手のもの"と言っているような曲。こういうところが"一歩上"に行ってるんですよ。ロック・バラード"Fire In The Pouring Rain"、エモーショナルで甘いメロディがいいですね。そしてハード・ロック・ナンバー"Call Pall Stanley"、Call Pall StanleyですよCall Pall Stanley。Pall Stanleyですよ。B!誌でもPall StanleyKISS)は彼らのことがお気に入りだとか…。ハード・チューン"Heatwave"のコーラスのメロディが凄く好き、頭から離れそうにないメロディですね。'70年代のブルーズ・ロックを彷彿させるイントロで始まる"Look Out!"、このままあの曲調で続いてくれたらカッコ良かったのに…と思うほど、Bad Boys Rockに変貌してしまうので…。続く"Touch"、メロディが頭から離れません。ホント、こういうメロディたまりませんね。ラストを飾る"Straight To The Grave"、メタリックで流麗なギター・リフで始まるんですが結局アリーナ・ロック。しかし、メロディが甘くて、最後を決めるのには申し分無いんではないでしょうか。いや?良い曲ばかりですな。


↑↑Bad City - Take Me For A Ride [Official Video]

B!誌によると、VocalのJosh Cabbyは幼少の頃日本に住んでいたみたいで(親父の仕事で沖縄にいたとか)、日本に来るのを凄く楽しみにしているらしいですね。これは是非来日公演をして欲しい!!(名古屋を飛ばさず)!!また、彼らの今後に更に期待したいと思います。

最高!!

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:HR/HM
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。