この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MICHAEL SWEET / TOUCHED (2007)
2010/12/02/ (木) | edit |
あなたの胸の中で、思いっきり泣きたくなった。

マジですよ、コレ。このアルバムを聴けば誰もがそう思うはず。探していたんです。当初はオフィシャル・サイト限定で販売された自主制作盤らしいのですが、最近になってAmazon.co.jp MP3ダウンロードで簡単に購入できるではないですか。しかし、私はどうしても"ブツ"が欲しい人なので、オークションで新品を購入しましたが…。

Touched
Touched
posted with amazlet at 10.12.02
Tag Artist Group (2008-01-01)

私は、彼のことを"世界一癒される歌声"の持ち主だと思っています。現に、あの輝かしいSTRYPERの活動においても、素晴らしいメロディ、素晴らしい歌声を提供してくれていますよね。そして、彼にとって哀しい出来事、"妻との死別"…。STRYPERの新作で亡き妻に送った"Alive"では、本当に泣いてしまいましたが…そして癌と闘っていた愛する妻のために心を込めて制作されたアコースティック・アルバムが本作。このアルバムを聴いて、"涙"が溢れない人は一人もいないはず。これほど、心にグッっとくる音楽は他に経験したことがありません。

1. My Love, My Life, My Flame (新曲)
2. You Are So Beautiful (Billy Preston)
3. Together As One (STRYPER)
4. She's Got A Way (Billy Joel)
5. All Of Me (STRYPER)
6. Without You (BADFINGER)
7. First Love (STRYPER)
8. The First Time Ever I Saw Your Face (Roberta Flack)
9. Honestly (STRYPER)
10. The Rose (Bette Midler)
11. Color My World (CHICAGO)

愛する妻のために書き上げた"My Love, My Life, My Flame"、涙なしで聴けますか?こういう経験をしたことがない私でも、家族を大切にしたいと思う気持ちが大きくなりましたよ。そして、私がSTRYPERの中で一番好きな曲"Together As One"が収録されていることが、たまらなく嬉しいです。何度聴いても、"涙"を誘うバラードですよね。最近はSTRYPERでも聴かれなくなっていたので、凄く嬉しいです。バラードの名曲"Honestly"よりも、この曲の方が思い入れが大きいですから。心から泣きたくなります。


↑↑Michael Sweet on TBN 9-20-07 My Love My Life My Flame

上の音源は、奥様の前で歌った貴重な音源です。"涙"なしで観れますか?私は無理です。このアルバム、"涙"なしでは聴けません。"涙"で歌詞も読めません。

思いっきり泣いてもいいですか?

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
USA盤の「トイレの神様」でしょうか?

私の場合(英語の)リスニング能力に乏しいもんで
別に泣けませんでしたが・・・。

歌詞(できたら訳も)を晒していただけたら
とっても、ありがたいのですが・・・。
2010/12/02(Thu) 21:14 | URL  | SaintVox #-[ edit]
>SaintVoxさん
心洗われる、いいアルバムです。

大好きなバラードアルバムです。

他サイトで検索してみると歌詞とか訳がありますので、興味があればどうぞ。
2010/12/02(Thu) 21:53 | URL  | hirokawai #-[ edit]
"世界一癒される歌声"
詞の内容がよくわからなくても
彼が愛する妻のために心を込めて唱っている。
それだけで泣けてしまいますよね。
2010/12/02(Thu) 22:27 | URL  | はちべえ@ #-[ edit]
>はちべえ@さん
"世界一癒される歌声"
うん、あの映像は込み上げるものがありますよね。
幸せそうな奥さんの顔が印象的でした。
音楽は、"感動"ですね。
2010/12/02(Thu) 22:47 | URL  | hirokawai #-[ edit]
信仰と家族愛の両立
今さっき、歌詞を見てきた(熟読してきた)のですが、「トイレの神様」と違い、結構、難しい詩でした。

内容は、「イエス様再臨後、私たちは共に生き返り、この世で過ごしてきたことは全て思い出になってしまうでしょう。しかし僕らの愛は思い出になんかならないぉ」みたいな感じでした。

まあ、要するに奥さん(癌で亡くなった?)に向かって、「あーたが死んでも、どうせまた来世で会えるんやし・・・」と言っているわけで・・・。

歌そのものよりも、あの曲の場合、スィート師匠の信仰心に基づいた奥さんへの愛情がポイントみたいですね。

詩を読んだ限りでは、スウィート師匠の「神様、どうして、あーたはこんな酷いことなさるんでつか?」を言いたいのを一生懸命こらえてる様子が垣間見え・・・。

(この続きは自分のブログでやろっと・・・)
2010/12/02(Thu) 23:53 | URL  | SaintVox #-[ edit]
>SaintVoxさん
I'll love you more tomorrow then I love you today,
I'll love you in sorrow and unexpected pain,
I'll love you in the sunlight and in the puring rain,
My love, My life, My flame

凄く、"愛"を感じるフレーズだと思います。

SaintVoxさんの記事楽しみに待っております。
どうぞアルバム全体を通して聴いてみてくださいね。
2010/12/03(Fri) 06:13 | URL  | hirokawai #-[ edit]
大切な人がいなくなる現実を付きつけられた心境を考えると、歌詞の内容は置いといたとしても、十二分に胸に突き刺さります。

自分の場合、そういう思いをさせてしまう可能性が大きかったことを言われたときがあるので、尚更そう感じてしまいます。

このアルバム、聴いてみたいですね。
2010/12/04(Sat) 23:29 | URL  | TK #NeBVXcVU[ edit]
>TKさん
凄く心に突き刺さります。
大切な人との別れは辛いものです。
特に、奥様が亡くなる前に書いた曲です。

彼の彼女に対する想いは計り知れないなと、
彼女は幸せだだなと感じました。

是非聴いて欲しい1枚です。

2010/12/05(Sun) 06:42 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。