この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BULLET / HEADING FOR THE TOP (2006)
2010/12/11/ (土) | edit |
AC/DC節炸裂!!+αが何とも言えない!!

AC/DCのフォロワーは多数存在しますが、彼らほど素晴らしいフォロワーはいないんじゃないかと思うんですよね。正直、最近出てきたAIRBOURNEなんかより数倍(1.5倍程度)素晴らしいと思います。

Heading for the Top
Heading for the Top
posted with amazlet at 10.12.11
Bullet
Black Lodge Sweden (2006-11-27)
売り上げランキング: 21947

スウェーデン出身のハード・ロック・バンド。2001年に結成され、2006年にリリースした1stフルレンス・アルバムが本作。アルバム・ジャケットが、何とも愛すべき80年代を醸し出しているところが素敵。アルバム全体を通して、AC/DC節炸裂です。つまり、AC/DCと言えば"ギター・リフ"ですよ"ギター・リフ"。オープニングを飾る"Midnight Riders"のギター・リフを聴いただけで失禁してしまいそうになりました。VocalのHell Hofer(おデブちゃん)のBrian Johnson(AC/DCのVocal)顔負けの"金切り声"。Brian Johnsonほど"キンキン"し過ぎていないため聴きやすく、そのため"表現力"は豊かだと思います。そして、何と言っても彼らの持ち味はAC/DC+欧州的な叙情性です。マンネリ化(これをカリスマ性と言うべきか)したAC/DCのどのアルバムより面白い。"Hard Luck Lady"や"Speeding in the Night"、"Rock Steady"、"Leather Love"のような"泣き"の流麗なギター・ソロは、絶対本家ではあり得ないですもん。こういうところは、流石はヨーロッパのバンドだなと関心しますね。間違いなく欧州的な正統派ヘヴィ・メタルの香りも持ち合わせていますね。いや?惚れるな?このアルバム。ハード・ロック、ヘヴィ・メタル両方のファンから評価されるべきアルバムでありバンドだと思います。もし私がB!誌の編集者ならば迷わず90点以上の評価をしますね。(実際、B!誌での評価はどうだったか知りませんが…)。


Bullet - Heading For The Top

またとんでもないPVでございますな。"愛"してしまいます。"最高"!!。彼らは後に、2ndアルバム『BITE THE BULLET』(2008年)もリリースしていますが、これもまた素晴らしいアルバムなのでまたの機会に紹介したいと思います。来年2月には3rdアルバムのリリースを控えていますが、これもまた楽しみでなりません。

amazonで購入する

"hirokawai音楽論!!" online storeへ



thema:HR/HM
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。