この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITESNAKE / SLIDE IT IN (1984/2009)
2009/11/19/ (木) | edit |
Slide It InSlide It In
(2009/06/08)
Whitesnake

商品詳細を見る


DEEP PURPLEのDavid Coverdaleが結成した、
イギリスを代表するハード・ロック・バンド、WHITESNAKE
次作『WHITESNAKE』アルバム(1987年)がアメリカで大成功を収めることになる、
言わば通過点となった、彼らを代表する名盤が本作。

このアルバム、US盤とUK、日本国内盤ではヴァージョンが違うんですね。
僕もずっとUS盤しか持っていなかったのですが、
US盤は、彼らがアメリカで成功するために、ラジオうけするMIXを行い、
数曲でギター・パートをJohn Sykesが弾いています。
また、曲順もUSとUKでは違います。

そして、今年何とDVD付きの2枚組で、USとUKのどちらも収録した
企画アルバムがリリースされました。
DVDは、ただの寄せ集め感はありますが、当時の彼らの
大躍進を観ることが出来ます。

正直、どう聴き比べてもUKヴァージョンの方が素晴らしい!!
USヴァージョンは、コマーシャルで軽いイメージがあります。
UKのほうは、"これぞイギリスのハード・ロック"と言えるサウンドです。
是非、聴き比べてくださいな。
ただ、名曲"Love Ain't No Stranger"のUKミックスが収録されていないのが残念。
いや?アルバム全曲聴いて"ウットリ"出来るのは、本作だけですね。
大ヒットの次作『WHITESNAKE』より、本作を絶対お奨めします。

やっぱ1曲目は"Gambler"で始まり、ラストはメロディアスで叙情的なナンバー
"Guilty of Love"で締めくくるのが1番!!
Cozy Powell のパワフルでテクニカルなドラミングが聴けるのも本作。

ブルージーなUKハード・ロックのNo.1アルバム。
是非、この企画アルバムをお薦めしたいです。
関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
自分はややベタですが、ベスト盤とSlip of the Tongueだけ持ってますw
Fool for~が大好きでwww
しっかし、アメリカンしまくってるUKバンドですよね~
デヴィカバ、今も昔もカッコ良すぎるって・・・

Love Ain't No Strangerはベストで聴けますが
UK・USどっちでもいいって感じではなさそうですか?曲順とか・・・
サーペンスも欲しいですが、このアルバムもチェック入れたくなりましたww
2009/11/21(Sat) 18:54 | URL  | koumei #-[ edit]
サーペンスは、"Still of the Night"が最高!!でした。
ただ、アルバム全体にアメリカを意識した感じで、
本当の意味での、WHITESNAKEの良さが薄れた感じがしました。
ちなみに、こちらもUK盤の『1987』がお奨めです~。

本来のWHITESNAKEは、サーペンス・アルバスではなく、『SLIDE IT IN』だと信じています。
僕自身、ずっとUS盤に感動していたのですが、
このDVD付き、UK入りは超おすすめですね。
何と言っても聴き比べて、UK盤の良さが
体験できますから~。




"Fool for Your Loving"もいい曲ですね~。
2009/11/21(Sat) 20:11 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。