この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DEATH ANGEL / THE ULTRA-VIOLENCE (1987)
2011/08/31/ (水) | edit |
今更聴いても、このアグレッションに撃沈されます。

去年リリースされた6thアルバム『RELENTLESS RETRIBUTION』があまりにも素晴らしいスラッシュ・メタル・アルバムだったので、ここで改めて彼らの記念すべきデビュー・アルバムを聴き返してみました。これがまた"素晴らしい"スラッシュ・メタル・アルバムなんです。

The Ultra
The Ultra-Violence
posted with amazlet at 11.08.31
Death Angel
Restless Records (1993-07-01)
売り上げランキング: 225926

1982年にアメリカはサンフランシスコ・ベイエリアで結成されたスラッシュ・メタル・バンドの1987年にリリースされた1stアルバムが本作。この時のメンバーの平均年齢が17歳だったというから凄い。DrumsのAndy Galeonなんか当時14歳だったんです。これだけでも話題ですよね。それ以前の1985年にリリースしたデモ『KILL AS ONE』は、METALLICAのKirk Hammettがプロデュースをしたとか。これが好評でメジャー・デビューにこぎ着けたと聞いております。後に、スラッシュ・メタルにファンクの要素を盛り込み成功していったわけですが…1990年『ACT III』というアルバムをリリース後、マネージメントなどとのトラブルで解散していったわけです。2001年に再結成され、最近では従来のスラッシュ・メタルに原点回帰していただいております。ファンク・ミュージックと融合されたスラッシュ・メタルに"?"な私にとって、現在の最新作『RELENTLESS RETRIBUTION』は衝撃的でしたし(その前2作も悪くはないんですがね)、そういうピュアなスラッシュ・メタルを主食としている私にとって、やっぱり衝撃を一番受けたアルバムは、ピュアなベイエリア・スラッシュを演じているこの1stアルバムなんです。やっぱりスラッシュ・メタルはこれくらい荒削りでアグレッションが無かったら駄目なんです。叩き付けるようなクランチ・リフは、やっぱりスラッシュ・メタルの"美学"のひとつですよね。"名盤"です。


↑↑Death Angel - Thrashers (The Ultra-Violence)

いや~オープニングを飾るこの"Thrashers"からこの素晴らしさ。たまらないですよね。カッコいいですよね。この曲は"名曲"でございます。ちなみにこの曲だけ、VocalはMark OseguedaではなくBassのDennis Pepaが担当しています。(何故ですか?)。本物のスラッシュ・メタルが聴きたければ是非コレを聴いてください!!



関連記事
thema:HR/HM
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。