この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLACK TIDE / POST MORTEM (2011)
2011/09/03/ (土) | edit |
賛否両論あるでしょうが、イイじゃないですか。

例えば大ベテランがコレをすると、"もう別バンドになってしまった"とか叩かれるんだと思うんですけど。彼らはまだ若いんですから。

Post Mortem
Post Mortem
posted with amazlet at 11.09.03
Black Tide
Geffen Records (2011-08-23)
売り上げランキング: 3039

まず、この2ndアルバムを聴いた時点で、度肝を抜かれた方が多分ほとんどだと思うんですよね。1stアルバム『LIGHT FROM ABOVE』(2008年)が、おじさん達が涙を流して聴いた'80sライクで欧州的テイストを含んだヘヴィ・メタルだったわけですが、3年ぶりのこの2ndアルバムは、一転BULLET FOR MY VALENTINEを彷彿させるモダンなメタル・コアになってしまったんですから。しかし、冒頭に言ったように"もう別バンドになってしまった"と言うような反応は不適切だと思うんですよね。確かに1stアルバムは、おじさん達も喜ぶ"NWOTHM"だったわけですが、彼らはまだ10代なんですよ。思春期を過ぎた若造に過ぎない。成長の過程なんですよ。(っていうと失礼なような)。いろんな音楽を聴いてインスパイアされて成長していくわけです。ここで、こういうスタイルを吸収したことは彼らにとって大きな成長だと思うんですよね。楽曲にしたってBULLET FOR MY VALENTINEに引けを取らない完成度がありますし、カッコいいと思います。アメリカのミュージック・シーンの中にあって、こういうスタイル変化もアリかと納得できる作品です。楽曲のインパクトやバラエティさ、表現力なんかも格段に向上したんではないでしょうか。


↑↑Black Tide - Walking Dead Man

1stとは違った意味でカッコいいですよね。おじさん達も、このアルバムでファンになったティーン・エイジャーも、コレ聴いて"ヘドバン"してください。さて、彼らの真の評価が下されるのが、はっきり言って次作になると思うんです。出来れば、1stを融合した本作のスタイルであってくれれば、彼らの完成系は近いのではないでしょうか。何はともあれ、彼らの未来に期待したいと思います。次世代のヘヴィ・メタル・バンドとして。



関連記事
thema:HR/HM
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。