この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WARBRINGER / WORLDS TORN ASUNDER (2011)
2011/10/03/ (月) | edit |
なんていうか、この血管が湧き出るような感覚。

自分自身でも、心拍数の上昇や血圧の上昇を感じとることが出来ます。もう少しすると、多分血管が破裂してしまうんじゃないかと。

Worlds Torn Asunder
Worlds Torn Asunder
posted with amazlet at 11.10.03
Warbringer
Century Me (2011-10-04)
売り上げランキング: 92268

アメリカは西海岸カリフォルニア州のニューベリー・パーク出身の若手スラッシャー。若手と言っても、もうこのニュー・アルバムで3作目になるんですよね。時が経つのは早いものです。しかし、アルバム毎にこれほど完成度が増してしまうと、この先はどうなるんだ?と、思ってしまいます。前作『WAKING INTO NIGHTMARES』(2009年)はホントに素晴らしいスラッシュ・メタル・アルバムでした。このアルバムでリズム隊を一新し、そしてこのリズム隊が素晴らしい働きをしてくれました。非常に巧かった。このリズム隊のお陰で、楽曲がより磨きかかったわけです。しかしこのニュー・アルバムで、またまたリズム隊がメンバー・チェンジですよ。Ben Bennet(Bass、今は同じく西海岸の若手スラッシャーBONDED BY BLOODに加入したようです)と、Nic Ritter(Drums)が既に脱退しています。このニュースを聞いて、このニュー・アルバムにはかなり心配していたのですが、いや、どうって事無かった。安心しました。Bassはデビュー・アルバム『WAR WITHOUT END』(2008年)のメンバーAndy Lauxが復帰しています。(どうやら、彼がハイ・スクール卒業のためバンドを離れていただけのようですが)。そして新しいDrumsはCarlos Cruz。前任者のような機械的なドラミングではありませんが、実に人間的で手数足数の多い素晴らしいドラミングを披露してくれています。凄いアグレッション。キチガイ・リフや発狂ヴォーカルは健在。そして、ただただ疾走するだけではなく"曲展開"は前作同様素晴らしい。"流麗"なギター・プレイ、時に"泣かせる"展開は、ただのスラッシュ・メタルではありません。いや~"家宝"にしたいくらいの素晴らしいスラッシュ・メタル・アルバムです。


↑↑WARBRINGER - Shattered Like Glass (OFFICIAL VIDEO)

うん、カッコいい。オープニングを飾る1stシングル"Living Weapon"もスラッシュ・メタル史上に残る名曲だと思いますし、"Treacherous Tongue"の曲展開なんか失禁もんですからね。もう、若手スラッシャーとか言ってられませんよ。最高のスラッシュ・メタル・アルバムです。



関連記事
thema:HR/HM
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。