この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FM / METROPOLIS (2010)
2011/10/06/ (木) | edit |
秋を感じるとき、あなたのことを想う。

朝夕の肌寒さに、人恋しくなる今日この頃。"哀愁の秋"がやってまいりました。その哀しさの中に、暖かさを感じたい。"秋"が来る度に、彼らの楽曲が聴きたくなるわけです。

Metropolis
Metropolis
posted with amazlet at 11.10.06
FM
Riff UK (2010-03-30)
売り上げランキング: 191021

1984年にイギリスはロンドンにて結成された、言わずと知れた大御所ブリティッシュ・ハード・ロック・バンド。1995年リリースの6thアルバム『DEAD MAN'S SHOES』以来15年ぶりにリリースされた7thアルバムが本作。初めて彼らの楽曲に泣いたのは、実はその15年前にリリースされた『DEAD MAN'S SHOES』に収録されていた"Tattoo Needle"だったことを思い出しました。当時若かった私は、ブリティッシュ・ロックの素晴らしさにまだ気付いていなかったような気がしますが、このバラードを聴いて泣いた事をはっきり憶えています。そして久しぶりに聴いた(と言ってもリリースは2010年ですが…)ニュー・アルバムも、あのときの"涙"を失っていなかった。VocalのSteve Overlandのハスキーな歌声が、当時と同じように秋の夕暮れのような"哀愁"を醸し出しています。ブルージーで、時にキャッチーで、そして"哀愁"ですよ。確かに、"地味"だと言われるかも知れないですが、それもまた彼らの素晴らしさのひとつでして。1曲1曲噛みしめて聴くと、よりいっそうこのアルバムの素晴らしさに気付くはずです。とにかく、私は"涙"が止まりません。"秋"はやっぱり哀しくないといけません。夏の疲れを、コレを聴いて癒さなければ。こういうのをしみじみ聴いて、"涙"してしまうのは、自分が歳を重ねたからか?若い頃は、こういうのに"感動"を求めてなかったような気がします。今は、"涙"が止まりません。そして、この"哀しい気持ち"、"淋しさ"をどこにぶつければいいの?いや、コレを聴いて泣けばいいんです。


↑↑FM - Still The Fight Goes On

ラストを飾る"Still The Fight Goes On"で泣けない方は、"音楽"を聴かなくて結構です。オープニングを飾る"Wildside"が少々モダンでビックリしましたが(うん、でもイイ曲ですよ)、続くアップ・テンポな"Hollow"に涙。"Over You"に泣き、続く哀愁のバラード"Days Gone By"で涙し…"Who'll Stop The Rain"の美しさ、"泣き"のギター・ソロを通り越して、このラスト曲ですよ。もう、他には何もいりません。



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。