この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DARK ANGEL / TIME DOES NOT HEAL (1991)
2011/10/30/ (日) | edit |
"9 songs, 67 minutes, 246 riffs!"

"9曲で67分、246のリフ!"。このアルバムのキャッチ・コピーであります。テクニカルでスリリング。90年代スラッシュ・メタルの名盤であることは間違いありません。

Time Does Not Heal
Time Does Not Heal
posted with amazlet at 11.10.30
Dark Angel
Century Me (2011-02-22)
売り上げランキング: 195752

アメリカは西海岸カリフォルニア州ダウニー出身のスラッシュ・メタル・バンド。1983年に結成され、この1991年リリースの4thアルバムを最後に解散しています。ほとんどのソングライティングを行っていたGene Hoglan(Ds)が、デス・メタル・バンドDEATHに参加したため、バンドは消滅してしまったわけです。さて、ヘヴィ・メタルに限らず"テクニカル"志向の音楽というのは、実に"難解"になってしまうわけで、それは時には"作り手"と"聴き手"とのフィーリングに格差が生じてしまうことがあるわけです。どれだけ"作り手"が凄い音楽を提供しても、"聴き手"には全く理解出来ない。そんなアルバムも時には存在するわけで…。(話題が脱線しています)。彼らのラスト・アルバムとなったこの4thアルバムも、長尺の楽曲が多くを占めているテクニカル志向のスラッシュ・メタル・アルバムとなったわけですが、"難解"になりすぎている訳ではなく、さすがは"246 riffs!"とうたっているだけあって、実にスリリングです。実際に246のリフが存在するのかどうかはわかりませんが、スリリングで多彩なリフの数々には圧倒されます。ストレートなアグレッションを求めるなら、それ以前のアルバムをお薦めしますが、ここまでテクニカルでスリリングな(そして圧倒的に聴き手に理解される)スラッシュ・メタル・アルバムは他には無いのではないでしょうか。こういったテクニカルなスラッシュ・メタルには、Ron RinehartのハイトーンでヒステリックなVocalもよく合いますね。Gene Hoglanの壮絶なドラミングも、失禁ものです。


↑↑Dark Angel - Time Does Not Heal

うん、このアルバム・ジャケットも"ヘヴィ・メタル史に残る"ジャケットだと思います。メッセージ性を感じますね。90年代を代表するスラッシュ・メタルの名盤に間違いありません。



thema:HR/HM
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。