この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITE WIDDOW / SERENADE (2011)
2011/11/14/ (月) | edit |
降り注ぐ雪のように。冬の乾いた風のように…。

北欧の寒い冬を、暖かい部屋の中で感じているような。とにかく、この季節に心に響きます。この"空気感"はたまらなく胸に突き刺さります。しかし彼らは北欧のバンドではありません。

Serenade
Serenade
posted with amazlet at 11.11.14
White Widdow
AOR Heaven (2011-09-23)
売り上げランキング: 49880

南半球オーストラリアはメルボルン出身のハード・ポップ・バンドの2011年リリースの2ndアルバムが本作。AOR HEAVENよりリリースです。本作でめでたく日本デビューを飾りました。このアルバムを聴いて、オーストラリアのバンドだと全く思わないでしょう。なぜなら、北欧ハード・ポップ(特に'80年代の香りがプンプン)を彷彿するからです。北欧の"寒い冬"が想像できる煮え切らない(明るくなりきらない)美しいメロディが冴え渡ります。そして、キーボードがギンギンです。(←文才の無さに反省しつつ…)。オープニングを飾る、美しい"Cry Wolf"は何度聴いてもウットリしてしまいます。キーボードとメロディの美しさ、コーラスのメロディにウットリしてしまいます。この曲は、正にハード・ポップ史上に残る"名曲"だと思います。偽りはありません。この曲が全てです。この曲の為だけにアルバムを買っても決して損はしません。続く、"Strangers In The Night"、"Do You Remember"、"Reckless Nights"の流れの美しさ。彼らのメロディ・センス。楽曲のアレンジの素晴らしさにただただ感動を覚えます。聴き惚れてしまいます。途中少々、中だるみ感はあるものの、このオープニングからの4曲に完全にやられてしまいます。知らない間に、透明感のある冬の世界に入り込んでしまいます。美しいバラード"Patiently"、ラストを飾るアップ・テンポの"Love Won't Wait"。ギター・ソロで"泣き"、その後のアルペジオ…。このラスト2曲で、完全に盛り返します。う~ん、たまらない。アルバム・タイトルも"Serenade"ですよ。タイトルからして、感極まります。


↑↑White Widdow - Cry Wolf

"Cry Wolf"、これは"名曲"です。何度聴いても、心奪われます。Youtubeでオーディエンスからのライヴ映像がアップされていますが、全く声が出ていません。ので、聴かないでください。


↑↑White Widdow - Love Won't Wait

ラストに相応しい"Love Won't Wait"。ホント"Love"ですよ"Love"。しかし、このアルバム、私的には今年のTOP5には入れたいアルバムですね。ホント、ここまで"切なく"なれるメロディを聴かせてくれると、もう心から泣いてしまいます。泣いていいですか?



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。