この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BON JOVI / KEEP THE FAITH (1992)
2009/12/07/ (月) | edit |
Keep the FaithKeep the Faith
(1999/01/19)
Bon Jovi
オリジナル盤: 1992
商品詳細を見る


B!誌を買って家に帰ったら、妹夫婦が遊びに来てて…
"お兄ちゃん、まだその本読んでるの?高校からじゃない?"
(うん確かに15年以上前から読んでる…)
"何が面白いの?"、"インタビューを端から端まで読むと…(長々と説明)"
"(興味なさげに)ふ?ん"(会話終了)…。

むか?し、Jon Bon Joviがインタビューで、
"俺は、ロック・シンガーだ。映画俳優になんか興味はないね!!"
と語っておきながら、今じゃ映画にも主演してるし…。
"AEROSMITHの半分しか生きられなくても良いから、AEROSMITHの半分でも格好良くなりたい"
みたいな"名言"を思い出した。

さて、本題。
皆さんは、"アルバム・ジャケット"で泣いたことはありますか?

このアルバム。
たとえ"単なる、5人の手"であっても、これほど彼らの"想い"が伝わってくる
ジャケットが他にあったかしら?

"Keep the Faith"…。
『SLIPPERY WHEN WET』(1986年)?『NEW JERSEY』(1988年)と大ヒットを重ね、
世界のロック・スターへの道を上り詰めた彼らが、ツアーに続くツアー、
そしてスターとしてのプレッシャーなどなどで、身も心もボロボロ…。
"解散の危機"に陥ってしまう訳です。
ドキュメンタリー"When We Were Beautiful"でも取り上げられていましたが、
やっぱり彼らはプロ中のプロ。
(そこら辺が、他のロック・スターと違うところ…)
Jon Bon Joviを中心となり、"Keep the Faith"つまり
"信頼を保つ"事に全神経を集中させたわけです。
そして、このアルバム・ジャケット…。
"信頼の証"。(ここ、めっちゃ涙するとこ)。

このアルバム全てが、アルバム・ジャケットとタイトルからも
感じ取る事が出来る。
もし、あのまま潰れていたら…。
その程度のバンドだと認識されていただろうし、
昔ヒットしたバンド…程度にしかなっていなかっただろうね。

僕にとって、彼らのアルバムで一番好きで思い入れがあるのが本作です。
"When We Were Beautiful"を観て、余計に思い入れが大きくなりました。

若かった彼らが、いろいろな経験をし、
"大人"になった作品。
1曲目からラストまで、全ての曲で涙することが出来ます。
ドラマティックな大曲"Dry County"なんか、最高の中の最高。
"BON JOVIが好き"で良かった。

全てが、アルバム・ジャケットに描かれている。
"Keep the Faith"…。
関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
はじめまして
BONJOVIを愛してやまないものです。
「Keep the faith」はそうでしたね、解散の危機から見事復活した1枚でした。
ジャケットもそんな意味が込められてたんですよね。
ドキュメンタリー映画で私も初めて当時の事を知ったんです。
JONがそこで決心した事、それを知った時私も涙が出そうでした。
曲調が少し変わりましたが、いい1枚です。
2009/12/08(Tue) 00:57 | URL  | ままあや #-[ edit]
実のところBON JOVIはこれしか持っていないのですが、
"Dry County"と、タイトルトラック"Keep the faith""I believe"・・・それに
へヴィながらも泣けるメロディが印象的な"If I was your Mother"が大好きでした。

私が買ったのは輸入盤でしたので、ライナーもよく読んでいなかったのですが
当時の彼らは大変だったようですね。
ある意味ロックビジネスとは狂気そのものであり、過酷なロードをこなした後は
想像を絶するプレッシャーの中でまた新曲作り、と苦労が絶えないことでしょう。
そんな中で解散の危機を乗り越えた、このアルバムは確かに力作でした。
・・・私も1stから集めて聴いてみます!
2009/12/08(Tue) 01:09 | URL  | メタリスト #-[ edit]
>ままあや さん

初めまして~。
初コメありがとうございます。

BON JOVI、僕も愛してます。
本当の意味で"プロのアーティスト"ですね。
"When We Were Beautiful"…。
これを観てから改めて本作を聴くと、
もっと深く感じることが出来ますね~。
確かに曲調変わりました。
"成長"ですね。彼らのアルバムで1番好きですよ。


>メタリストさん

こんにちは。

"ロック・ビジネスは狂気"…
正にそうなんでしょうね~。
彼らは、それを"彼らの信頼感"で乗り越えた。
それを、本作のアルバム・ジャケットが物語っているような気がします。

"身も心も"ボロボロのままだったら、
多分、"グランジ・ロック化"したりしてたんだろうな~。

"If I was your Mother"。この曲素晴らしいですね。
僕も大好きです。ヘヴィだな~。
"Bed of Roses"。本当は、彼らにこういうバラードを求めているのですが…。

2009/12/08(Tue) 06:12 | URL  | hirokawai #-[ edit]
こんにちは。
「Keep the faith」は僕が初めて買ったHR/HMのアルバムで
自分にとってもとても思い出深い作品であります (´∀`)

"I Believe"や"In These Arms"、"Dry County"、
ボーナストラックの"Starting All Over Again"をはじめ
素晴らしい楽曲が詰まっていますよね。僕も大好きなアルバムです。

しかし後にBURRN!誌の記事で「Keep The Faith」というタイトルが
JUDAS PRIESTの「Defenders Of The Faith」を彷彿とさせると、
メタルファンから反感をかったと書かれていましたが...。ほんとかいな^^;

"When We Were Beautiful"未だに観てないんですよね。。観た方の感想みると、「絶対俺観たら泣くな。。」って感じでゆっくり時間がとれた時にどっぷりつかりたいと思っていますw
2009/12/08(Tue) 07:31 | URL  | たけちよ #-[ edit]
>たけちよさん

こんにちは。
彼らは大成功の後、解散の危機を乗り越えて
『KEEP THE FAITH』、『THESE DAYS』という
素晴らしいアルバムを作り、
その後『BOUNCE』などのハード・ロック・アルバムの名盤を作った。

そして、今回の『THE CIRCLE』なんか聴いてると、
やっぱり彼らの"余裕"とか"貫禄"が味わえるんですよね。

そういう意味で、『KEEP THE FAITH』は"彼らの再生"と言う意味では、非常に意味を持つアルバムだと思います。

"When We Were Beautiful"是非、観てください!!

また、違った角度から彼らを見ることができますよ。

しかしB!誌って、そういうとこが情けないんだよね~。
2009/12/08(Tue) 08:54 | URL  | hirokawai #-[ edit]
キープザフェイスキタ━━(゚∀゚)━━!!
素晴らしいアルバムです!
力強いPOPであり、苦悩も見え、泥臭くもある
当時の彼らのを示す一面です。
カラッカラの荒野からの、そこには『keep the faith』の思いを胸に秘めたリスタート。
しょっぱなに『I believe』。深すぎる・・・

しかし、自分もザックリレビューしときながら
例のDVD観て、書き直したくなりました(;゚∀゚)
なんだかんだ90%以上はやはりサウンドで
彼らを見てましたからね・・・
そうですね、このジャケは深い意味がぁ(ノД`)
『If I was your Mother』をただヘヴィなサウンドってだけで
うっきゃきゃ言ってた購入当時の自分(;゚∀゚)

もう、今となっては『LOST HIGHWAY』すらバカに出来ない・・・
大いなる苦労が彼らの背中にあることは分かってはいたはずなのに・・・

でも、過去記事は自分の戒めのために残し
これからちょこちょこ再考していきたいバンドですね!
ふふふ・・・
2009/12/08(Tue) 10:20 | URL  | koumei #-[ edit]
>Koumeiさん

こんにちは。
ホント、このジャケットが物語るもの…。
"Restart"…意味深いですね~。
良質のメロディ、大人のロックながら
フックがあって、凄く好きなアルバム。
『Lost Highway』僕もあんまり~って思ってたけど、
もう一度聴いてみようかな~って思います。

本当、再考したいバンドですね。
2009/12/08(Tue) 11:26 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。