この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DOKKEN / UNDER LOCK AND KEY (1985)
2009/12/08/ (火) | edit |
Under Lock and KeyUnder Lock and Key
(2009/02/03)
Dokken
オリジナル盤: 1985
商品詳細を見る


"LAメタル"という枠の中に入れておくのは勿体ない。

これほど良質で洗練されたアルバムを、それこそ名盤と言われる
『BACK FOR THE ATTACK』(1987年)をリリースする前に、
作っているとは…。DOKKENって凄い!!

さて、『BACK FOR THE ATTACK』と『UNDER LOCK AND KEY』…。
皆さんはどちらを選びますか??
どちらも本当に素晴らしいアルバムだから、本当に甲乙つけがたい。

僕なら、悩みに悩んで『UNDER LOCK AND KEY』を選ぶのかな?。
確かに『BACK FOR THE ATTACK』の方がアグレッシヴだし格好いい。
けれど、やっぱり良質なメロディと、何と言ってもGeorge Lynchのギター・ワーク。
"泣き"という意味では、『BACK FOR THE ATTACK』より本作だと。
確かに賛否両論あったアルバムですけど、
僕はやっぱりこちらを選ぶかな?。
Guiterに精通していない僕にとっても、
George Lynchのギター・ワークに"感動"していますから…。

初めて"Unchain the Night"を聴いたときの感動は、
忘れることが出来ません。
Don Dokkenの歌声とメロディ、そしてGeorgeのギター。
"哀愁"を感じずにいられません。
そして、ギター・ソロで"泣き"まくって…。

"哀愁"のコーラスで始まる名曲"In My Dreams"。
やっぱり後半のGeorgeのギター・ソロで"泣いて"しまうんです。
"The Hunter"のギター・ソロで泣いて…。
"哀愁"ただよう"Will the Sun Rise"は本当に素晴らしい。
やっぱり中盤以降のギター・ソロで"涙で前が見えない"。

"泣き"と"哀愁"を兼ね合わせて、なおかつこの完成度。
"哀愁"の歌メロの美しさと、"泣き"を全面に押し出した
素晴らしいギター・ワーク…。
当時のDOKKENだからこそ出来た技であり、
アメリカにこういう素晴らしいバンドがいたことが
本当に嬉しいし、『BACK FOR THE ATTACK』の後、
衰退してしまったことが非常に惜しい。
関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
私も両作品とも大好きですよ~
ジョージ・リンチは私のギターヒーローでしたから。ジョージ・リンチの
ギターは手癖がかなりありコピーがかなり難しいんです。またピッキングが
かなり特殊であり、アップピッキングにも相当なアクセントをつけるんですよね~

たしかにBACK FOR THE ATTACKの方がキラーチューンもあり、
一般受けは良いと思いますが、
>George Lynchのギター・ワーク。"泣き"という意味では

私もUNDER LOCK AND KEYの方が良質なメロディを持っていたと思いますね。

ちなみに先日ラウパでドッケンとリンチモブが来日していましたが、
ドッケンとジョージ・リンチの奇跡の競演というサプライズがあったそうですね!
それは貴重なものを見れたと思いますが、反面ドッケンの歌声はもう
最悪だったらしいです・・・
フェイクしまくりで、さらにはメタボになっていたとのことです・・・残念
2009/12/08(Tue) 23:00 | URL  | メタラーまっちゅ #-[ edit]
LAメタル=MOTLEY CRUE、RATTみたいな
パーティロック系のイメージがあるから、このブランド名って
昔このレッテルを貼られたというだけで、敬遠される方も多いですよね。
でも実際はLAメタルと言っても、DOKKENみたいなバンドもいれば、
ROUGH CUTTみたいに正統派HMよりの音楽性を持ったバンドも
いるわけで・・・。

それはともかく
この"UNDER LOCK AND KEY"だったら、9曲目の"Will the Sun Rise"は外せませんね!
メロディラインは結構淡々としているんですけど、
このGuソロと、バッキングのクリーントーンの部分も好きです。

アルバム"BACK FOR THE ATTACK"と比べると、私の好みとしては・・・
"BACK FOR THE ATTACK"ですね。
"Mr.Scary"とか"Burning like a flame"とか
特に好きな曲が多いので・・・。
2009/12/09(Wed) 01:12 | URL  | メタリスト #-[ edit]
>メタラーまっちゅさん。

確かに、一般的には『BACK FOR THE ATTACK』に軍配が上がるんでしょうね~。
僕も、どちらも外せないです。
ただ、良質なメロディと"泣き"でいえば本作かな~。
DokkenとGeorgeの奇跡の共演。
是非観てみたかったと思いますが、
やっぱり年なのかなDon…。

>メタリストさん

"LAメタル"="パーティー・ロック"。
確かに世間的にそういう偏見はありますね。
僕も、やっぱり敬遠していた時期がありましたから、
そういう意味では結構敬遠されていたんですね。
ROUGH CUTTやICONなんか好きでした。

"Will the Sun Rise"は本当に良い曲ですね。
でもやっぱり"Mr.Scary"は外せない。
『BACK FOR THE ATTACK』も大好きです。
2009/12/09(Wed) 06:17 | URL  | hirokawai #-[ edit]
こんにちは。
この2作品はたしかに甲乙つけがたいですよね!
僕は、どちらか選べと言われたら「Under Lock and Key」の方がメロディ的に好きかもしれません。

ラウパのドッケン見てきましたよw
ドンはとにかく 「でかいな。。(メタボ)」 というのが第一印象で。
ライブパファオーマンスも評判どおりでしたよw
さすがにオクターブ下げには閉口しました^^;

"LAメタル"という枠の中に入れておくのは勿体ない。
名言ですね!
2009/12/09(Wed) 08:20 | URL  | たけちよ #-[ edit]
>たけちよさん

こんにちは。

うん、ある意味偏見なのかもしれませんが、
"LAメタル"という枠の中に入れておくのは、
やはり勿体ない。

ラウパ行かれましたか~。
色々な都合で行けないんですよね。
羨ましい限りです。

Don、やっぱり"メタボ"ですよね。
しかしフェイクが多かったらしいじゃないですか~。
あの甘い歌声は健在??

是非、彼らのライヴ・パフォーマンスを
一度観てみたいですね。

『Under Lock and Key』…。
"哀愁"という意味では、こちらを選びたいと思います。
2009/12/09(Wed) 08:51 | URL  | hirokawai #-[ edit]
むほー(*゚∀゚)=3 選ぶなんて難しい!
でもやはりジョージの超アグレッシヴギターにヤラレタものとしては
BACK FOR THE ATTACKに一票!すみません!
でもどちらも好きですよ~♪
でもKiss of DeathとMr.Scaryを見捨てるわけには・・・(;゚∀゚)

自分も『LAメタル』だなんて思ってません!
っていうか彼らLA出身ということに気づいてなかった・・・えっ?
アメリカ人らしい哀愁メロにピロピロでカミソリなギター!
どこがLAやねんと言わんばかりの個性ですね~

Unchain the Night!イイですねぇ~♪
ギターもコピーしやすい方でよく弾いてました♪
似たタイプのDream Warriorも大好き!

最後?のアルバムも往年のキレはないですが
心の中で『頑張ったで賞』はあげましたwww

追記:VANDENBERGに一言、『ど ハ マ リ』
2009/12/09(Wed) 09:42 | URL  | koumei #-[ edit]
>Koumeiさん。

僕も『BACK FOR THE ATTACK』にも1票!!
(ずるい)
正直、見捨てるわけにはいかないこの2枚。
最高傑作!!
"LAメタル"の枠の中では、勿体ないでしょう~。

う~ん『LIGHTNING STRIKES AGAIN』…
僕も『頑張ったで賞』を授与します!!

追記!!
VANDENBERGでブイブイいわせてください!!
最高でしょ!!
"良かった"!!
2009/12/09(Wed) 09:49 | URL  | hirokawai #-[ edit]
こんにちは
先日はブログに来ていただきありがとうございます。
今回はDOKKENですね。
私は「UNDER LOCK AND KEY」かな~。
私のブログ、Amazonのバナーにもしっかり載せてます♪
でも初めて聞いたのは「BACK FOR THE ATTACK」なんです。
聞いて、いい!と思ったら解散しました(T_T)
「In My Dreams」は今聞いてもいい曲です。
PVも好きです。
ジョージリンチかっこいいですよね。
部屋にポスター貼ってました(*^。^*)
1枚目から再結成したアルバムまで買いそろえましたが、やはりこの2枚は1位2位になりますね。
2009/12/09(Wed) 22:33 | URL  | ままあや #-[ edit]
>ままあやさん。

こんばんは。
実は僕も初めて聴いたのは『BACK FOR THE ATTACK』なんですよ~。
アレで、完全にショックを受けて彼らの虜になりました。
その次に、『TOOTH AND NAIL』、『UNDER LOCK AND KEY』と聴いていったのですが、
本作を聴いて、彼らの"センスの良さ"に、
あらためて感動しました!!。

部屋に、Georgeのポスターですか~(^^)/
凄いですね!!
うん"In My Dreams"最高です(*^_^*)
2009/12/09(Wed) 22:54 | URL  | hirokawai #-[ edit]
某B!誌ではあんまり評判良くないドッケンですが自分も大好きです。確かにインタビュー読むとドンの性格は最悪ですがw
特に初期の作品はジョージ・リンチの攻撃的なギターとドンのメロディセンスがうまく融合されてて素晴らしいですよね!
2009/12/10(Thu) 23:16 | URL  | まる #h0D/NfaY[ edit]
>まる さん

初めまして。
B!誌って、DOKKENに対して評判が良くないのですか~(>_<)
Georgeの攻撃的であって、叙情的なギターが本当に好きです。
Donの、甘い歌声とメロディ・センス…。
本当に素晴らしいバンドでしたね。
2009/12/11(Fri) 10:15 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。