この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CRIMSON GLORY / TRANSCENDENCE (1988)
2009/10/17/ (土) | edit |
TranscendenceTranscendence
(2008/04/15)
Crimson Glory
オリジナル盤: 1988
商品詳細を見る


先日、i-podにCDの整理をしていたら
忘れかけてたCDが出てきて懐かしさに浸ってしまいました。

それが、アメリカはフロリダ州出身のCRIMSON GLORYであります。
1988年リリースの2nd。

このバンドの良さは、アメリカのバンドらしからぬ
叙情性とドラマティックな楽曲と、ヴォーカルの
ハイトーン・ヴォイスですね。

"Lady of Winter "が流れ始めたとたん、
懐かしさが込み上げてしまいました。
こんな素晴らしいバンドがいたんだな?。
イギリスのJUDAS PRIESTなんかに引けをとらない、楽曲の素晴らしさがあったけど、
これって売れたのかな?

ハイライトは、ずばり超名曲"Lonely"。
メロウなバラードから、泣きのギター・リフへ
静から動へ…
この展開たまりません。
すごくドラマティック、泣きのオンパレード。

アメリカにも、こういうバンドがいたことが
嬉しくてたまりません。



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
私がこのバンドを知ったのはBURRN!誌のアルバムレビューを集めた本(タイトル忘れました)
で、伊藤政則氏の1stの評価が異常に高かったのを知り、
15年くらい前に1stを買ったのが最初でした。

当時はメロスピ狂だった私には、彼らのようにスピードナンバーが少ない
正統派HMのスタイルというものの魅力がよく理解できなかったのですが、
1stの良さが分かった後、この2ndを聴くと凄く大好きになりました。

バラードの"Lonely"も好きでしたが、一番好きだったのは"Red sharks"ですかね。
終盤くらいのミッドナイト氏による超絶ハイトーンが入るところの展開が特に印象深いです。

残念ながらミッドナイト氏は亡くなりましたが・・・
クセはありましたがいいVoでしたよね。
2010/01/16(Sat) 01:29 | URL  | メタリスト #-[ edit]
>メタリストさん
こんにちは。
B!誌でMasa Ito氏が絶賛していたのは、覚えています。
メタリストさんもレビューされていますね1st。

Midnightのあの透き通ったハイトーンは素晴らしいですよね。
無くなってしまったことが悔やまれます。
本当に、良いバンドです!!

余談ですが…
実は、僕もメロスピ狂だったことがあります。

2010/01/16(Sat) 08:40 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。