この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HEATHEN / BREAKING THE SILENCE (1987)
2009/12/11/ (金) | edit |
Breaking the SilenceBreaking the Silence
(2008/09/01)
Heathen
オリジナル盤: 1987
商品詳細を見る


"ベイエリア・スラッシュ"の期待の新生としてデビューしておきながら、
この一枚で影を潜めてしまった事は、当時としては本当に惜しかった。

正直、EXODUS『BONDED BY BLOOD』(1985年)や、
TESTAMENT『THE LEGACY』(1987年)などと、
肩を並べるか、またはそれ以上の素晴らしさがあったと思います。

彼らの"素晴らしさ"とは、やっぱり"クランチ・リフ"もさることながら、
正統派ヘヴィ・メタルにも通ずる"ドラマ性"と、
"下手"だと酷評されてはいいましたが、David Whiteの
あの独特のハイトーンの歌い回しにあると思います。

ザクザクと心地良い"クランチ・リフ"から、
一転、ドラマティックなギターソロへの展開…。
これは、絶品です。
GuiterのLee Altusって人が、ロシア人だからでしょうか。
アメリカ離れした部分もあってか、"ドラマティック"です。
この"緩急を極めた"LeeとDoug Piercyのツイン・リードは、
常に"劇的"で素晴らしいと思います。

たとえEXODUSを受け付けない方でも、
HEATHENなら聴けるだろうと勝手に思っています。

さて、もうすぐ久々の新作『THE EXOLUTION OF CHAOS』
リリースされますが、前評判も非常に良く、
今から凄く楽しみです。

これほど、"刺激的"で"劇的"で"クラシカル"で
"ドラマティック"な"ベイエリア・スラッシュ"は
他にありません。ここに断言する。

関連記事
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
EXODUSが受け付け切れなかった自分への記事でしょうかwww
スラッシュ系は今まで避けてましたが
MEGADETHやマーティ聴いて、ちょっと再考気味w

HR/HMこの曲を聴け!も見ましたが
かなりスラッシュ系でも評価高そうですね~
Voの評価がハロウィン時代のカイ!って書いてあると
・・・欲しくなりましたw
実は自分、Walls of jerichoは何故か大好きなもんで(;゚∀゚)

とりあえず、掘削仕事人のスラッシュ記事は参考にせねば・・・
2009/12/12(Sat) 10:00 | URL  | koumei #-[ edit]
>Koumeiさん

"掘削仕事人"の"スラッシュ人生"!!
EXODUSが受け入れられなかったKoumeiさんでも
HEATHENは聴けるんじゃないかな~。
確かに同じようなクランチ・リフですけど、
正統派メタルに近い感じですから~。
うん、"ヘタウマ"さは、HELLOWEENの
カイ・ハンセンっぽいですね。
このアルバムは"名盤"ですよ~。
オススメ!!
2009/12/12(Sat) 19:54 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。