この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STEELER / STEELER (1983)
2009/12/15/ (火) | edit |
SteelerSteeler
(1992/07/15)
Steeler
オリジナル盤: 1983
商品詳細を見る


どれだけ一般的な評価が思わしくなかったとしても…
Ron Keel率いるKEELのLAメタルの名盤『THE RIGHT TO ROCK』よりも、
Yngwie Malmsteenの名盤『TRILOGY』よりも、
このアルバムを愛してならない。

当時19歳のYngwie J.Malmsteen、ストックホルムからL.A.に渡ったこの若者。
やはり"ただ者"ではなかった。
若さ故の"荒削り"さは全くなく、"貫禄"を感じさせられる。
正直、今のYngwieよりも"情熱的"で"叙情的"だったような気がします。
これがKEELのようなバリバリLAメタルとは違っている。
"叙情性"と"泣き"があります。

オープニングの"Cold Day in Hell"からしてヤヴァイ。
当時リアル・タイムで聴いていた方は、
Yngwieのテクニカルなギターに"即倒"したんでしょうね。
"なんじゃ彼は、ただ者ではないな"と…。
アコースティック・ギターの美しいアルペジオから、
"叙情的"で"泣き"のギター・イントロが始まる"No Way Out"、
これは間違いなく名曲。歌メロも素晴らしい。
ほんでもって、このギター・ソロ…"泣ける"…"泣ける"。
続く"Hot on Your Heels"…う?ん"情熱的"。
こいつはFlamenco…クラシック・ギターが奏でる情熱的でスパニッシュな
イントロから、これがまた素晴らしい速弾きのギター・ソロへ…。
ホントに19歳なのかな!!
ラストを飾るバラード"Serenade"。これも名曲。
Ron Keelの"ちょっと下手"な歌い回しは別にして、
3分超えてからのギター・ソロに、皆注目!!
"泣け"?!!とにかく"泣け"?!!。

今よりも、ずっと"情熱的"で"叙情的"な
Yngwieのギターを堪能してください。

どれだけ一般的な評価が思わしくなかったとしても…
このアルバムを愛してならない。

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
こんばんは!
このアルバムはずっとスルーしてきてるんですよ。
僕はアルカトラスの1stの方が「トリロジー」よりも好きなのですが
やはり初期だけにそっちに近いのですかね(?_?)

昔から「いつかは聴くけど」と思いながら今に至りましたw
2009/12/15(Tue) 22:21 | URL  | たけちよ #-[ edit]
>たけちよ さん

こんばんは。
結構スルーしている方は多いと思いますよ~。
僕も『TRILOGY』よりALCATRAZZの1stです。
ALCATRAZZかSTEELERか?
ここが評価の分かれ道…。
欧州的なALCATRAZZに対して、
やはりSTEELERは"LAメタル"…。
僕は、"LAメタル"にインギーの"叙情的"ギターの融合に、
正直、惚れました。
どちらも素晴らしいアルバムだと思います(^_^;)
是非聴いてほしいですね~。
2009/12/15(Tue) 22:33 | URL  | hirokawai #-[ edit]
こんばんは。
リンクの件ありがとうございます。
相互リンクにさせて頂きましたのでよろしくお願いいたします。

で、STEELERですか。懐かしいですねぇ~
私も昔持っていましたが、誰かに貸したまま帰ってきませんでした・・・
結構苦労して手に入れたんですが(T_T)

もろに「LAメタル」な曲とYngwieの「ネオクラシカル」なギターは水と油のようであり
正直、Yngwieのギターソロはかなり浮いてますよね。(そこがまた良んですがw)
しかしながら、そのことがさらに“Yngwie凄まじさ”を際立たせてますよね。

私も王者インギーには、何だかんだで衝撃を受け
学生時代"Hot on Your Heels"を一生懸命コピーしてましたよ。
インギー式速弾きフレーズの定義が詰まってましたね!

「流麗&構築美」
hirokawaiさんのおっしゃるとおり、初期の頃のインギー節は
今よりも"情熱的"で"叙情的"ですよね!

Yngwie入門で勧めるとするならばTRILOGY以前のアルバムになるんでしょうね?
手グセ全開でネタ切れな今の曲よりも、本来のYngwieらしさが詰まってますから。

しかし・・・初めてYngwieを聴いたときは、「これは絶対嘘だ!インチキだ!!」と思いました。
ビデオの映像で確認できるまではホントに信じられなかった。
19歳ですか・・・宇宙人ですよねまったく(笑)
オンタイムで体験したギタリスト達はどれだけ衝撃を受けたか想像もつきませんね・・・

(ー_ー)!! あっ、駄文を長々と・・・失礼しました。
2009/12/16(Wed) 00:31 | URL  | はちべえ@ #-[ edit]
>はちべえ@さん

こんにちは。
また、相互リンクありがとうございます。

この"借りパク"…非常に辛い。
最近は人にCDなんか貸さないようにしています。
結構"借りパク"の被害に遭うので注意!!
借りたければ、iPod持ってこい!!
が"口癖"…(うそ)。

STEELER、今amazonに3点在庫があるので、
是非、再購入を!!

しかしSTEELER…すごいいいアルバムなのに、
"買う気になれないアルバム・ジャケット"。
"裏ジャケ"の方が、格好いいのに…
インギーなんか、細くて格好いいじゃないですか~。

この"LAメタル"との融合が、ほんと素晴らしいですね。
やっぱ、インギーは『TRILOGY』以前ですよ~。
これは、間違いない!!

今後ともよろしくお願いします。!!
2009/12/16(Wed) 12:32 | URL  | hirokawai #-[ edit]
こんにちは。
先日は僕のブログにコメントをいただき、ありがとうございました!
YNGWIEは僕をHR/HMに目覚めさせてくれたギタリストなので、STEELERは気になりつつも一般的評価の低さもあって手が出せずにいます。
でも、この記事を読んで若かりし頃のYNGWIEのプレイを聴くためだけに買ってもいいかな、と思うようになってきました。
今度探してみようと思います。
2009/12/16(Wed) 18:45 | URL  | よしよ #-[ edit]
>よしよ さん。

コメント誠にありがとうございます。
やはりRon Keelというと、"LAメタル"ってイメージが強いですが、
若いながらもYngwieの"存在感"が素晴らしく、
楽曲的に"叙情性のある"素晴らしい名盤だと思います。
是非、聴いてほしい1枚ですね。
2009/12/16(Wed) 20:16 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。