この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MANIC EDEN / MANIC EDEN (1994)
2009/12/27/ (日) | edit |
MANIC EDENManic Eden
(1994/03/24)
Manic Eden

商品詳細を見る


"期待を裏切られた"。
ただこれは"悪い意味"ではなく、
"いい意味で期待を裏切られた"アルバムです。

Adrian Vandenbergと聞くと、やはり自身のバンドVANDENBERGで聴かれる
"叙情性""様式美"、"甘いメロディ"を思い浮かべてしまう。
また、腱鞘炎の影響でWHITESNAKEでは作曲のみの参加にとどまりましたが、
『SLIP OF THE TONGUE』における、彼のソングライティング能力の高さは、
素晴らしいものがありました。

で、1994年に満を持してリリースされたMANIC EDEN唯一のアルバム。
WHITESNAKEからDrumsのTommy Aldridge、BassのRudy Sarzoが参加し、
VocalにはLITTLE CAESARのRon Youngが参加しています。

リリース当時、多くのファンがVANDENBERGとは言わないまでも
せめてWHITESNAKEのようなワイルドなハード・ロックを期待していたはず。
僕もその一人だったので、
CDを挿入して"Can You Fell It"が流れ出したとたん、
"期待を裏切られた"と、正直に感じました。

ただ、CDを回して数分たった時点から、
彼らの"素晴らしさ"、Adrianの"本当にやりたかったこと"
を堪能することができ、すでに虜になっていたのです。
Ron Youngのハスキーでソウルフルな歌い回しは、
"Ride the Storm"や"Dark Shade of Grey"のような
ブルージーなバラードでは"哀愁"を感じて"涙"が止まらなくなる。

Adrianが"本当にやりたかったこと"…
それは、"ロックの原点"…
Jimi Hendrixなどを代表とする'60年代のブルーズ・ロック。

最近のB!誌の記事『期待を裏切った人達…』にも載っていましたが、
あの編集者の記事は"間違い"だと思っています。
"期待を裏切った"のは間違いありませんが、
"いい意味で期待を裏切った"んです。
音楽がやたら地味なブルーズ・ロックだから
みんな中古ショップに売りに走った…ってな記事は
編集者として恥ずかしい。
本当に、このアルバムを"吟味したのか?"

WHITESNAKEやVANDENBERGを期待したが
裏切られたといって"中古ショップに売りに走る"ような
"駄作"だとは決して思わないし、
これほど、良質な骨太なブルーズ・ロックをやってのけた
Adrianを"尊敬"するべきではないのかな。

ヘヴィ・メタル専門誌が、こういう間違った記事を書くことによって
僕たちのような、"一般のリスナー"は、
本当に素晴らしい作品を溝に捨ててしまうことになってしまうのだから…。

そう思うと、"hirokawai音楽論!!"を含め、
こういう個人サイトの"役目は大きい"と感じました。

話は脱線してしまいましたが、
これは素晴らしいメンツによる素晴らしいブルーズ・ロック・アルバムです。

"期待を裏切られた"。
ただこれは"悪い意味"ではなく、
"いい意味で期待を裏切られた"…。

Adrian Vandenbergのオフィシャル・ページへ

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する

ちなみに、現在画家をしてらっしゃるAdrian Vandenbergですが、
現在amazonで、彼のアート・ブックが購入できます。

↓をクリックすると、amazonの詳細ページに移ります。
Inspirerende interacties/Inspiring Interactions
amazonで詳細を調べる

↑この本のカバーもMANIC EDENですね。

thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
ブログ開いた瞬間に壮絶に笑ってしまいましたが
なかなか重要な記事ですね!
とりあえず買うつもりでいますよっ

まだ聴いてないのですが
エイドリアンのアーティスティックな一面が見えそうですね!
某B誌の評価、記事担当者分かりませんが懐疑的ですねw

彼はやはり『芸術家』なんでしょうね!
でも絵は怖くて手が出そうに・・・(;゚∀゚)
2009/12/27(Sun) 17:09 | URL  | koumei #-[ edit]
>Koumeiさん
どうですか??

Koumeiさんの記事にインスパイア(?)されて
急きょMANIC EDENの記事書いてみました。
もうホント何年ぶりかに聴いたのですが、
これがまた新鮮で、普通に"良いアルバム"だな~って…
Adrianは"真のアーティスト"ですね。

あのアート・ブック…
さすがに買う気になりませんがね。
良いセンスしてますね。
2009/12/27(Sun) 17:49 | URL  | hirokawai #-[ edit]
VANDENBERGとは全然違うタイプの音楽ですけど、確かにこれはいいアルバムでした。
当時のBURRN!の記事は覚えていないんですが、評価がそんなに厳しかったんですか。
知りませんでした・・・。

アルバムを買った当時、私はエイドリアン・ヴァンデンバーグのGuを聴いたことが無くて
目当てはあくまでQUIET RIOTでよく聴いていたルディ・サーゾのベースでした。
さらに事前にベースマガジンか何かで、
ルディのインタビューから音楽性が分かったというのもあったのでしょう。
大した違和感もなく曲を楽しむことはできたんですけどね。

雑誌編集者なら我々消費者が金払って買うよりも早く、インタビューで音楽性が推測できたり
あるいはレコード会社からプロモーション用の音源が数曲届くと思うのですが・・・
全部のアルバムをまともに金払って聴いてレビューしていない雑誌編集者が
何故にそんな当てつけがましい酷評の仕方をするんでしょうね。
性格悪いなぁ。
2009/12/28(Mon) 01:04 | URL  | メタリスト #-[ edit]
>メタリストさん 
こんにちは。
リリース当時の評価は悪くなかったはずなんですけどね~。
今年の10月くらいの記事には、"酷評"されていました。
何でもそうですけど、メディアは気を遣わなくてはいけませんね。
久しぶりに聴いても"いいな~"って思いましたよ。
そんな、中古ショップには走りません。

寂しいですよね~。
性格悪いよF木さん!!
2009/12/28(Mon) 09:13 | URL  | hirokawai #-[ edit]
有難うございました!
拙ブログにコメント有難うございました!m(_ _)m

Adrian…!(お元気でいらっしゃるでしょうか。)

そうですね…これはけして悪いアルバムでは
なかったと自分も思っております。
(素晴らしく格好いいブルーズ・ロックだと!)
編集者の好みや期待軸に適合しなかったから?かも
しれませんが、酷評に値するものでは全く無い筈ですよ~(>_<)
2009/12/28(Mon) 22:45 | URL  | silverwinger #-[ edit]
>silverwingerさん
こんにちは。
この度はコメントありがとうございます。

いいアルバムですよね。
やっぱりメディアの人間が、
自分の好みや期待のみで、批評したら駄目ですよね。
あの専門誌で、一番痛いところは、
昔からこういうことがあることですね。

MANIC EDENはいいアルバムです!!

今後ともよろしくお願いします。
2009/12/30(Wed) 08:00 | URL  | hirokawai #-[ edit]
本も買いましょうよう(笑)
Adrian VandenbergブログやってるHildeです。

なんだかみなさん、画集にはひきぎみですねえw
青と赤と稲妻のような線の使い方が魅力的ですよ(笑)
2012/01/08(Sun) 16:18 | URL  | Hilde #7tu0pubQ[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。