この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DEMON ANGELS / TIME OF CONFUSION (2006)
2010/01/18/ (月) | edit |
Time of ConfusionTime of Confusion
(2006/08/08)
Demon Angels
オリジナル盤: 2006
商品詳細を見る


"煮え切らない"…煮え切らないからこそ、
Robin McAuleyの"歌声"が、さらに美しく響き渡る…


イタリア人ギタリストChris Falcoを中心として結成されたDEMON ANGELSの1st。
Vocalに元McAULEY SCHENKER GROUPのRobin McAuleyが参加。
(彼は、作詞とプロデュースも担当しています)。

さて、GuiterのChris Falcoですが、さすがにテクニカル。
そして"叙情的"に弾きまくります。いや?"叙情性"は素晴らしいものがあります。
時に、DOKKENWHITE LIONの、素晴らしかった頃を思い浮かべます。
そこへ、McAuleyの"煮え切らない"甘い歌声とメロディがうまく合致します。
僕は、Robin McAuleyというシンガーが凄く好きなんですよね?。
たとえ明るいキャッチーな曲だとしても、彼が歌うと"哀愁"が漂いますから…。
最近はSURVIVORに加入していますが、どうなんでしょうか?
"合わない"と思いますが、僕は大歓迎ですね。彼が歌えば、どんな曲でも…。

オープニングを飾るハードなナンバー"Gonna Get It"、
アメリカンなHRですが、やっぱりMcAuleyが歌うと"哀愁"です。
続く"Movin' On"、初っぱなからテクニカルなGuiterのイントロにやられます。
バッキングも素晴らしい!!DOKKENを彷彿します。そして歌メロも"甘い"。最高。
ヘヴィな"We Be Long"、スリリングなGuiterのイントロから、美しい歌メロが始まります。
コーラスも"哀愁"です。そして"泣き"のギター・ソロ、超スリリングです。
哀しいバラード"The Promise"…こういう曲こそMcAuleyが歌うと、
"心"が張り裂けそうになります。"涙"が出そうになります。

全8曲ですが、凄く堪能できるアルバムです。
あまり知られていないのが、残念でなりません。
Youtubeなんかでも、いい音源が見つかりません。

"煮え切らない"…煮え切らないからこそ、
Robin McAuleyの"歌声"が、さらに美しく響き渡る…

"hirokawai音楽論!!" online storeへ

amazonで購入する



thema:心に沁みる曲
genre:音楽
Comment
Comment list
Robin McAuley、私も大好きですよ!
今作は残念ながら存じませんが、MSGの作品は悪くなかったと思います。
MSGがMcAULEY SCHENKER GROUPに変った時は
なんじゃそりゃって少々バカバカしくも思ったものでしたが、
初めてRobin McAuleyの歌声を聴いたとき、その素晴らしさには
私もぐうの音もでなかったですよ。はい。

まだ彼は音楽活動を続けていたんですね~久しぶりに聞く名前に
とても懐かしく思いがしました。
2010/01/18(Mon) 21:10 | URL  | メタラーまっちゅ #-[ edit]
>メタラーまっちゅさん 
Robin McAuleyの歌声が凄く好きです。
もちろん今までのMSGも好きでしたが、
彼が加入したMSGのどのアルバムも、大好きでした。
今も健在で、SURVIVORに加入したということで、
凄く気になります!!

いい声してますね。"哀愁"です。
2010/01/18(Mon) 21:14 | URL  | hirokawai #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。