この変わりゆく時間の中で、変わらない”音楽の佳さ”を皆さんにお伝えできれば…。


世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

RATT / RATT(EP) (1983)
2009/12/06/ (日) | edit |
RattRatt
(1991/07/01)
Ratt
オリジナル盤: 1983
商品詳細を見る


忘年会シーズン。昨晩も忘年会で泥酔…
今朝、ビジネスホテルから朝マックして
B!誌買いに書店へ…暇つぶしに店内のレンタル・ブースへ…

ヘヴィ・メタル系のCDレンタルって凄く少ないですね?。
有名どころか、ベストアルバムのみ…。
しかし、そこにも掘り出し物が!!

現在廃盤である、RATT『RATT(EP)』と、
BLACK SABBATH『HEADLESS CROSS』(1989年)が、
陳列されていました。非常に興味深い陳列ですね。

さて、今日紹介する『RATT(EP)』は、デビュー・アルバム『OUT OF THE CELLAR』(1984年)以前に、
自主制作という形でリリースされたミニ・アルバム。
さすがは、メジャー・デビュー前の荒々しさ!!
"Round and Round"や"Back for More"が大好きな僕にとって、
"Back for More"が収録されていることが非常に嬉しい!!
しっかし、まあこの"Back for More"…1stで聴けたイントロの格好良さが
まるで半減…のチープさ、テンポも少し遅め…
なところが、青臭くて最高!!
大成功を収める前の、彼らの荒々しさが、逆に心を温めてくれます!!
他の曲も、メジャー・デビュー後のものと聴き比べるのも面白いですよ!!

1曲目の、ファスト・チューン"Sweet Cheater"なんか
アグレッシヴで超カッコ良い!!
この曲は、メジャー・デビュー後に再録されていないので、
非常に貴重だと思います。

カヴァー曲"Walkin' the Dog"は、Rufus Thomasの曲。
AEROSMITHがカヴァーしていたことで有名ですね。

もし、どっかで見かけたら
そのときは是非GETしてくださいな!!

ちなみにTrack Listは…

1 "Sweet Cheater" (Crosby/Pearcy)
2 "You Think You're Tough" (Crosby/Pearcy)
3 "U Got It" (Crosby/Pearcy)
4 "Tell the World" (Crosby/Pearcy)
5 "Back for More" (Crosby/Pearcy)
6 "Walkin' the Dog" (Thomas)
thema:心に沁みる曲
genre:音楽
RUNNING WILD / DEATH OR GLORY (1989)
2009/11/28/ (土) | edit |
Death or GloryDeath or Glory
(1999/08/10)
Running Wild
オリジナル盤: 1989
商品詳細を見る


こんな作品があるから、"ヘヴィ・メタル"を愛してしまうのよ。

今もコンスタントに活動しているドイツのヴァイキング・メタル・バンド。
他の作品は、賛否両論…酷評され続けていますが、
それでも愛してしまうのは、本作のような素晴らしい作品があるから…。

勇壮なイントロからオープニングを飾る"Riding the Storm"は超名曲。
まさに荒波に向かっていくかの如く疾走するリフに魂が熱くなる。
ほんでもって、ギター・ソロで胸を熱くする…泣き。
"Evilution"のリフが印象的、ギター・ソロも泣けるやないですか。
"Highland Glory (The Eternal Fight)"…こんなヘボな駄曲いらんがな。
(こういうB級なとこが、彼らの良さでもあるのですが…)
続く"Marooned"がカッチョイイからまあ許す。
これまた熱い名曲"Bad to the Bone"。こいつもギター最高。
リフだけじゃなく、メロディ・ラインもジャーマン(イモ)臭くなくて
素晴らしい!!

ほんと、こんなアルバムが世にあるから、
"ヘヴィ・メタル"が辞められないのよ…。
thema:心に沁みる曲
genre:音楽